• ホーム
  • オーリスタットを使うときに注意すべきこと

オーリスタットを使うときに注意すべきこと

お腹の脂肪を気にする人

食事制限や運動せずとも服用するだけでも痩せる事が出来るオーリスタットはアメリカで人気の肥満治療薬であり、日本でもテレビなどで取り上げられたことから肥満に悩んでいる人たちの間で注目されている薬です。
痩せたい人にとってはありがたい薬なのですが、もしオーリスタットを利用する場合は薬であるために副作用については注意しなければならないです。
まず、ごくまれにですが目のかすみ、皮膚の変色などの身体の異常が現れる事があるので、万が一身体に異常を感じた場合はすぐに服用するのを止めて医師に相談するようにすべきです。

また、オーリスタットの性質上、脂質の吸収を阻害する役割があるので、脂溶性のビタミン類の吸収まで阻害してしまう事も気をつける必要があります。
これについては日本の厚労省に当たるアメリカのFDAでも注意喚起が行われていて、オーリスタットを服用する場合はこれら脂溶性のビタミンをサプリメントなどで補うようにした方が良いです。
脂溶性ビタミンとしてはビタミンAやビタミンD、ビタミンKなどがあります。

ただし、不足している脂溶性ビタミンをサプリメントなどで補おうとする際には過剰摂取には気をつけて下さい。
脂溶性ビタミンは体内に貯蔵されて蓄積されるので、過剰摂取をした場合に副作用が起きる場合もあります。
普段の食事では過剰摂取を気にする必要はないですが、吸収されにくいからと言って摂取量が過剰になり過ぎるとそれによる副作用に悩まされてしまう可能性もあります。
よほどの量を摂取しすぎなければ気にする必要は無いですが、不足しがちであるからたくさん摂取した方が良いのではないかと大量に摂取しようとするような事はしないようにして下さい。